はじめてのシリコングリス

2年前に組み立てた自作PCのCPU温度が最近50度をこえるようになりました。冷えないからどうしたのかなと思いケースを空けたところ、CPUクーラーがホコリまみれになっていました。ホコリを取り除くついでにCPUグリスも新しくしてみようと思い、作業を行いました。
近くの自作PCパーツを取り扱っている電器店に出かけました。
1000円以上する高性能グリスと数百円の安いグリスが置いてありました。
財布の中は寂しいのですが、即決で高性能グリスを選びました。
ついでに古くなったグリスを取り除くクリーナー液も購入しました。
いままでシリコングリスは買わなくてもCPUを買って取り付けた状態でそのまま何年も問題なく使えていたのですが、最近のCPUは昔より熱を持つようになったので、CPUの寿命を考えてもシリコングリスを塗り直した方がいいと思い今回初めてシリコングリスの塗り直しを行うことになりました。
CPUクーラーの取り外しもマザーボードやクーラーを壊さないか怖かったです。しかしやってみると何とかなるものですね。ヒートシンクと、クーラー部分の取り外しもツメが見つかれば難しくありません。クーラーの形状が複雑なのでホコリを取り除くのは難航するだろうと思っていたのですが掃除機で念入りに吸い取ることで充分きれいになりました。クーラーもプロペラをぞうきんで拭いてきれいになりました。古いグリスもクリーナー液を使えば力も入れずに拭き取れます。ついでにCPUをとりはずしてCPU周りのマザーボードのホコリも取り除き、これでPCの寿命がどれぐらい延びるんだろうと楽しみになりました。肝心のCPU温度は作業前は軽く50度をこえていたのですが、作業後は40度ぐらいで、マザーボード温度+4度ぐらいまで冷えるようになりました。すごい効果です。
1年から2年に一度はシリコングリスの塗り替えはやった方がいいと思うようになりました。時期的には冬のホコリをすっていることと、夏のことを考えると、春の今ぐらいの時期が一番効果的だと思います。
CPU温度が高くて悩んでいる人はぜひお試しを。

広告