デュアルチャネルの効果

メモリーをデュアルチャネルできるようにマザーボードに差し込むと高速化する。Core2世代では常識ともいえることなのですが。私は2枚の同容量メモリを持っていたにもかかわらずデュアルチャネルにしていませんでした。一つのチャネルの中に2枚さしていました。Core2Duoにしたのにあまり速くならないなとは思っていたのですが、メモリを一つスロットを空けて差し込んだらすごくPCの動作が速くなりました。メモリを使うソフト(ほとんどのソフトが該当)が速いです。体感してはっきりわかります。OSの起動もシャットダウンも、負荷のかかるソフトもみんな違いがわかります。まだデュアルチャネルを体験していない人はぜひともおすすめします
デュアルチャネルのやり方
①同容量のメモリを2枚用意する。
②マザーボードに4スロットのメモリを差し込むところがある時は1つスロットを空けてメモリを差し込む。(マザーボードにより違う場合も考えられるので2チャネル使うようマザーボードのマニュアルも読んだほうがいいと思います)
③電源を入れる。
④新しいCPUが取り付けられたというメッセージが表示されたら、設定が適切になっていることを確認してBIOSに設定を保存する。
⑤高速なPCの世界へ続く。

広告