VirtualBoxにUbuntu8.04をインストール

Ubuntu8.04はVirtualBox用仮想HDDインストール済みイメージがダウンロードできるのでそれを利用すると簡単でしょう。
まずはダウンロードしましょう。
Ubuntu Japanese Team
http://www.ubuntulinux.jp/products/JA-Localized/virtualbox
圧縮されているので解凍します。
Lhaplusで解凍できます。
解凍すると”Ubuntu-8.04-Japanese.vdi”というファイルができるのでVirtualBoxから起動できるようにします。
VirtualBoxをインストール・起動後の操作
①[新規(N)]ボタンを押します。
②ようこそ新規仮想マシン作成ウィザードへ!を[次へ]
③名前の所に[Ubuntu8.04]のように仮想マシンの名前を入れます。
④オペレーティングシステムに[Linux]、バージョンに[Ubuntu]として[次へ]
⑤メモリはこのままでも大丈夫なので[次へ]
⑥起動ディスクのチェックの入ってる状態で、[選択]ボタンを押す。
⑦仮想メディアマネージャで[追加(A)]ボタンを押し”Ubuntu-8.04-Japanese.vdi”ファイルを選択-[開く]ボタンで確定
⑧[選択]ボタンで仮想メディアマネージャを閉じる
⑨後は[次へ]、[完了]
⑩OS選択メニューにUbuntuの起動用メニューが表示されているのでクリックすると起動します。
Linux系のOSはWindowsをメインに使う人にとって慣れが必要なだけでなく、高度な調査能力を要求するので使いこなせるまで大変ですが、がんばりましょう。

広告